【 館報121号が刊行されました 】
高麗美術館館報120号が刊行されました。

 本号は井上満郎館長連載の「日本のなかの渡来文化」、展覧会に寄せて開催された第141回研究講座の抄録、随時掲載の「高麗美術館開館への道のり」など掲載しております。
 ぜひ、お手に取ってご覧ください。

1部400円

*通信販売をご希望の方は、本ページ右下の「刊行図書・お問合せ」をクリックし、必要事項を記入のうえ、送信してください。


-目次-
■〈館長ごあいさつ〉新年を迎えて
 井上満郎(高麗美術館館長)
■[第141 回研究講座・抄録]朝鮮半島の螺鈿について
 鄭喜斗(高麗美術館代表理事)
■〈連載〉 日本のなかの渡来文化2 貨泉の来た道
井上満郎(高麗美術館館長)
■ 美術館ニュース
■ 高麗美術館開館への道のり 第9回 高松塚と『日本のなかの朝鮮文化』
 上田正昭(高麗美術館研究講座『高麗美術館館報九五号』『高麗美術館館報八二号』より抜粋)
■ 読者の広場
■・次回展覧会のお知らせ
・表紙について
・日々の覚え書き


全12ページ(表紙含む)






+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


■■館報定期購読を始めませんか■■
季刊誌「高麗美術館」館報は、当館収蔵品の写真とともに、企画展を通して韓国・朝鮮美術の歴史や文化を幅広く解説し、日韓でまだあまり注目されていない分野のシリーズものやエッセー、高麗美術館研究講座の概要、その他韓国・朝鮮に関わる情報など盛りだくさんの内容を掲載しています。

「高麗美術館」館報の定期購読があるのをご存知でしょうか。館報の定期発送の他、展覧会チラシ、研究講座などのご案内を優先的にお送りします。また、初回お申し込みの方には展覧会のご招待券をペアで差し上げます。この機会にぜひお申し込みください。


購読料 2500円(4回分)
お申し込みは美術館受付または郵便振替で
加入者名 公益財団法人 高麗美術館
口座番号 01050-1-56371
通信欄 「館報定期購読料」、「ご希望の開始号数」をご記入ください
お問い合わせは高麗美術館Tel 075-491-1192まで