【館報113号が刊行されました】
高麗美術館館報113号が刊行されました。
まずはじめに追悼号のため内容を変更いたしましたことをお詫び申し上げます。

 本号は開催中の『朝鮮王朝末期の輝き・語り継ぐ朝鮮の美』展によせての内容と、今年3月にご逝去されました呉連順理事長のご報告と高麗美術館のとの関係深い先生方からの追悼文となっております。
 巻頭ページの内容は修復を終えた螺鈿双龍文二層籠(表紙にも掲載)についても記載しております。
 ぜひ、お手に取ってご覧ください。

1部300円

*通信販売をご希望の方は、本ページ右下の「刊行図書・お問合せ」をクリックし、必要事項を記入のうえ、送信してください。

■〈巻頭〉『朝鮮王朝末期の輝き・語り継ぐ朝鮮の美』展によせて
■〈追悼〉 井上満郎(高麗美術館館長)/ 朝倉敏夫(立命館大学食マネジメント学部長)/熊倉浩靖(高崎商科大学特任教授)/ 菅澤庸子(世界人権問題研究センター登録研究員)/ 鄭喜斗(高麗美術館学芸部長)/ 鄭惠允(高麗美術館評議員)/ 仲尾宏(京都造形芸術大学客員教授)/ 備仲臣道(作家)/ 李勝治(高麗美術館評議員) 吉田宏志(京都府立大学名誉教授) 他
■次回展覧会のお知らせ
・表紙について
・日々の覚え書き
・イベントのお知らせ

全16ページ(表紙含む)






+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


■■館報定期購読を始めませんか■■
季刊誌「高麗美術館」館報は、当館収蔵品の写真とともに、企画展を通して韓国・朝鮮美術の歴史や文化を幅広く解説し、日韓でまだあまり注目されていない分野のシリーズものやエッセー、高麗美術館研究講座の概要、その他韓国・朝鮮に関わる情報など盛りだくさんの内容を掲載しています。

「高麗美術館」館報の定期購読があるのをご存知でしょうか。館報の定期発送の他、展覧会チラシ、研究講座などのご案内を優先的にお送りします。また、初回お申し込みの方には展覧会のご招待券をペアで差し上げます。この機会にぜひお申し込みください。


購読料 1960円(4回分)
お申し込みは美術館受付または郵便振替で
加入者名 公益財団法人 高麗美術館
口座番号 01050-1-56371
通信欄 「館報定期購読料」、「ご希望の開始号数」をご記入ください
お問い合わせは高麗美術館Tel 075-491-1192まで